税務調査対策なら税務調査ドットコム

2007年08月27日

【税務調査.com】法人税税務調査の科目別チェックポイント

ひらめき法人税調査のチェック点

位置情報1.現金

調査当日の現金有り高と当日の金銭出納帳の残高の突合されます。

位置情報2.預金

銀行残高証明書が添付されているどうか、またその照合を行い、
帳簿残高との検討されます。

位置情報3.棚卸

○棚卸資産と帳簿が突合されます。

○原始記録が正しいかどうか検討されます。

○決算日と棚卸の実施日との間にある差異が、
正しいかどうか検討されます。

○期ズレがあるかどうか検討されます。

○価額の正否が検討されます。

○仕掛品(在庫)の計上が検討されます。

位置情報4.売上

○請求書、納品書、売買契約書など検討されます。
特に期末に発送された商品などは、詳しく調査されます。

○期ズレがあるかどうか検討されます。

位置情報5.仕入

○請求書、納品書など仕入金額が正しいかどうか検討されます。

○利益調整があるかどうか検討されます。
 
位置情報6.外注工賃

○外注工賃を現金で支払った場合、領収書の真実が検討されます。

○外注加工請求書や納品書など売上に計上されているかどうか検討されます。

位置情報7.役員報酬

○役員の報酬、賞与、退職金について、株主総会議事録等が検討されます。

○交際費、機密費、接待費などの名義で支払した金銭でも、
使途が不明のものがあるかどうか検討されます。

位置情報8.交際接待費

○飲関係領収書は、相手とその内容から検討されます。

○酒宴、・ゴルフ接待の差異のタクシー代は、旅費に成っていないか、
検討されます。
 

posted by 税務調査対策コンサル at 21:50| 税務調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。