税務調査対策なら税務調査ドットコム

2007年08月27日

税務調査の時期

ひらめき税務調査の時期


@個人事業者の場合

まず、税務署では、申告書が提出されたものを配当、給料、家賃などの法定資料や一般収集資料と申告書を照合しています。

照合の結果、正しい申告が行なわれていないとおもえる場合は、
電話や文書で説明を求めます。

それでも確認できない場合は、事業所まで調査官が来て、
実地調査が行なわれます。

また、申告額を確認するため突然調査が行なわれるときもあります。



A中小法人の場合

税務署では、法人を次のように区分して税務調査を行なっています。

・継続管理法人・・・過去に多額の不正を行なっていた会社
・循環接触法人・・・過去の申告に不審な点が多い会社
・周期対象除外法人・・・経理内容が単純で事業規模も小さい会社

税務調査で重加算税を課されると、『継続管理法人』として、
向こう10年間は調査の頻度が高くなります。
posted by 税務調査対策コンサル at 00:20| 税務調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。